【競馬・予想】マイルチャンピオンシップ

こんにちは!

今日はGIマイルチャンピオンシップの予想をしていきます!

マイル界の頂点を決めるこのレースを制するのは果たしてどの馬なんでしょうか!?

マイルチャンピオンシップ

1984年に新設されたGI競走で、春に行われる安田記念とともにマイル(1600m)のチャンピオン決定戦として位置づけられている

日本の競馬における競走体系は長い間長距離の競走が重視されていたが、近年はスピード能力が重視されるようになってきたことを受け、1984年にグレード制が導入された際に競走体系を見直し、短距離競走の充実を図る目的で創設された。出走馬は短距離の実績馬のほか、クラシック路線を歩んできた3歳馬や天皇賞(秋)の出走馬がここへ出走する例もみられ、多彩なメンバーがそろうレースとされている

1995年から指定交流競走として行われ、指定された競走で所定の成績をあげた地方競馬所属馬にも出走資格が与えられるようになった。1998年からは国際競走となって外国馬も出走可能になり、2004年から国際GIに格付けされた

2008年からはジャパン・オータムインターナショナルの構成レースとしても施行されている

例年京都で行われる当レースですが、京都競馬場の改修工事により今年は阪神で開催されます。

例年割と人気通りに決まることが多く、実力や格がものをいうレースと言えるでしょう。

勝馬は3歳や4歳が多く、充実一途の馬や軽ハンデを活かした勢いのある3歳馬から頭を選ぶのが無難な選択。

かつては3歳馬には鬼門と言われていた当レースですが、2017年ペルシアンナイト、2018年ステルヴィオと2年連続3歳馬が勝利していることからも伺えます。

後は直線の急坂に対応できるかがカギとなりそうです。

【予想・結論】

◎4グランアレグリア

〇17サリオス

▲2レシステンシア

☆7アドマイヤマーズ

◎4グランアレグリア

スプリントとマイル界で今最も勢いのある馬で、スピードが桁違いです。どんなペースでも上がり最速で上がってくる脚がある万能な馬で、今回も馬券内には食い込んでくると見ました。ただ今回は調教が軽めで、前走の反動があるから軽めなのかな?という懸念は否めません。また、内枠で揉まれてうまく捌けず差し遅れ、という場面も想定できます。ただ能力でカバーする可能性も大いにありますし、阪神コースは桜花賞と阪神カップから判断するに相性は抜群にいいので、好走不可避と見ます。何より最近のルメール祭りを見ていると尚更外せません(笑)

〇17サリオス

3歳3冠馬の2番手に君臨しており、古馬相手にも十分通用すると判断しました。それは前走の毎日王冠で3馬身差で勝利したことから証明済みです。春はNHKマイルを使いたかったようですがオーナーの要望でダービーを使うことになったそうで、もともとマイルに適性があると堀調教師は思っていたそうです。今回は願ったりかなったりの舞台で「日本のフランケル」を目指して仕上げてきたと気合十分。またデムーロ騎手がお手馬ラウダシオンではなくこの馬を選んだことからもデムーロ騎手の意気込みが伺えます。最近干され気味の彼ですが、ここでしっかり成果を残してほしいですね。

【3連単】

4.17-2.4.7.8.17-2.4.7.8.17

今日も競馬を楽しみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です